/

卓球・伊藤美誠らアジア大会へ 代表選考会、石川は落選

卓球の杭州アジア大会代表選考会は9日、東京都北区の赤羽体育館で始まり、女子はA組の伊藤美誠(スターツ)と木原美悠(エリートアカデミー)、B組の平野美宇(木下グループ)と佐藤瞳(ミキハウス)が2連勝して代表に決まった。石川佳純(全農)は2連敗で落選した。

男子はB組の吉村真晴(愛知ダイハツ)と松下大星(クローバー歯科)が代表入りを確定させた。A組は戸上隼輔(明大)が2連勝した。

有延大夢(琉球)が体調不良で棄権した男子は7人、女子は8人が出場。2組に分かれて総当たりの1次リーグを行い、各組2位までが団体の代表になる。各組1位が決勝に進み、優勝者がシングルス代表となる。3月のライオンカップ・トップ32を制した男子の張本智和(IMG)、女子の早田ひな(日本生命)もシングルス代表に決まっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン