/

パリ五輪予選日程に変更なし IOC、ウクライナ侵攻受け

【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)のマコネル競技部長は8日、ロシアによるウクライナ侵攻を受け、2024年パリ五輪へ向けた各競技の予選日程を変更しない考えを明かした。ロシアと侵攻を支援したベラルーシ両国の選手は「予選日程の序盤を欠場することになるだろう」との見通しを示した。

スイスのローザンヌで行われた夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)の総会に出席し、参加者の質問に答えた。両国選手のパリ五輪の予選参加可否に関する判断については「時期尚早。デッドラインも示せない」と慎重に語った。

IOCは2月下旬、ロシアとベラルーシ両国の選手、役員を国際大会から除外するように全ての国際競技連盟(IF)などへ勧告している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン