/

松山はPOで敗れ2位 世界選手権ゴルフ、アンセルが優勝

【メンフィス(米テネシー州)=共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、フェデックス・セントジュード招待は8日、テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で最終ラウンドが行われ、9打差の14位で出た松山英樹は7バーディー、ボギーなしの63で通算16アンダー、264に伸ばし首位に並んだが、3人によるプレーオフで敗れ2位だった。

30歳のアブラハム・アンセル(メキシコ)がプレーオフ2ホール目でバーディーを奪い松山とサム・バーンズ(米国)を退けた。ツアー初優勝で賞金182万ドル(約2億円)を獲得。木下稜介は69で通算1アンダーの43位だった。

初日からトップだったハリス・イングリッシュ(米国)は73と崩れ1打差の4位。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン