/

アグネスデジタルが死ぬ 芝とダートでG1制覇

2001年の天皇賞・秋や香港カップなど競馬のG1レースで6勝を挙げたアグネスデジタル(24歳牡馬)が死んだことが8日、分かった。ジャパン・スタッドブック・インターナショナルが発表した。

同馬は2000年のマイルチャンピオンシップでG1初制覇。翌年の南部杯や02年のフェブラリーステークスを制すなど、グレード制が導入された1984年以降、芝とダートの双方でG1勝利を挙げた最初の馬だった。

通算32戦12勝(うち海外、地方で11戦5勝)。03年の有馬記念(9着)を最後に引退した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン