/

アイスホッケー女子監督「成長感じた」 北京五輪を総括

先月の北京冬季五輪で初の準々決勝進出を果たしたアイスホッケー女子日本代表が8日、オンラインで記者会見し、飯塚祐司監督は「これまでの五輪と比較すると前進と成長を感じた大会だった」と総評した。

3大会連続4度目の出場だった五輪では、長年の課題だった得点力不足を解消し1次リーグB組を首位通過。準々決勝では格上のフィンランドに1-7の大差で敗れたが、3大会連続で主将を務めた大沢ちほは「今まで女子アイスホッケー界が築き上げてきたものを証明できた」と誇った。去就はまだ決めておらず「やりたいと思ったら続ける」とした。

長くエースとして代表をけん引してきた39歳の久保英恵(西武)は今月で現役を引退する。1次リーグの大一番のチェコ戦ではペナルティーショットを決めて1位通過に貢献。「久保英恵健在というところを見せられた。本当に長い間お疲れさまと自分に伝えたい」とすっきりとした笑みを浮かべた。〔共同〕

北京2022特集

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京2022

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン