/

DeNA、中日3連戦も延期 オリックスでもコロナ感染

(更新)

日本野球機構(NPB)と12球団は8日、オンラインで臨時のプロ野球実行委員会を開き、DeNAの新型コロナウイルス集団感染を受け、8~10日に横浜スタジアムで予定されていた中日との3連戦の延期を決めた。感染拡大を防ぐためで、チーム活動も停止する。

DeNAは8日、新たに砂田毅樹投手と楠本泰史外野手、スタッフ2人がPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。6、7日には牧秀悟内野手ら7選手と斎藤隆チーフ投手コーチらの感染が判明し、7日の甲子園球場での阪神戦が延期となっていたが、さらに感染が拡大した。

三原一晃球団代表は「試合を楽しみにしていただいていたファンの皆さまに深くおわび申し上げたい」と謝罪した。9日以降、陰性が確認されている選手は個別練習を行う予定。

NPBの井原敦事務局長は3連戦を延期した判断について、オミクロン株の潜伏期間が3日程度とされていることを挙げ「3日間接触を避け、これ以上の拡大を防ぐ。連日の検査で陰性を確認していく」と話した。感染者が増えており、12球団は定期検査の頻度を月に1度から2週間に1度に増やすなど、検査態勢を強化する方針を固めた。

また、オリックスは宗佑磨内野手、頓宮裕真捕手、黒木優太投手、水本勝己ヘッドコーチの感染を発表した。8日のロッテ戦は予定通り開催する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン