/

この記事は会員限定です

睡眠は究極の「ひとり時間」 眠活市場の目覚め

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

睡眠は日中の疲れをとるためのもの――。そんな常識を覆し、眠りそのものを楽しむイベントやサービスが広がっている。人生の3分の1を占めるとされる睡眠時間は究極の「ひとり時間」。快適な睡眠を追求する「眠活」市場は新型コロナウイルス下の巣ごもり需要と相まって、急拡大している。

オオサンショウウオで「寝落ち」

「全国のオオサンショウウオを愛するみなさま。オオサンショウウオを見ながら寝落ちするというシンプル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

勝てる睡眠

「寝不足大国」の日本。長時間労働に支えられてきたビジネスモデルは人口減少のなかで限界に達し、いま必要なのは生産性を高める良質な睡眠だ。社員が十分眠れない会社からは優秀な人材が遠のくことになり、睡眠マネジメントはリーダーに不可欠な要素。最先端の技術で良質の睡眠を確保する「スリープテック」は進化が著しい分野となっている。人生の3分の1を占めるとされる睡眠に目を向ける時がきている。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン