/

フィギュア紀平梨花、来季へ意気込み ジャンプ練習再開

右足首故障のため昨年の全日本選手権を欠場し、北京冬季五輪出場を逃したフィギュアスケート女子の紀平梨花(トヨタ自動車)が8日、東京都内で行われたチャリティーイベントに参加し「けがでさらに強くなったと言ってもらえるようなシーズンにしたい」と来季への抱負を語った。

久々の取材対応となった紀平は「北京五輪を見て勇気をもらった。私も2026年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪を考えることができた」と語り、ジャンプ練習を再開していることを明かした。

またスノーボード女子スロープスタイル、ビッグエアで北京五輪代表の鬼塚雅(星野リゾート)も登場し「五輪が終わってゆっくりできた。そろそろトレーニングしろと飼い犬に言われている」と、冗談交じりに来季を見据えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン