/

前田穂南、自己記録タイで快勝 仙台国際ハーフマラソン

仙台国際ハーフマラソンは8日、仙台市の弘進ゴムアスリートパーク仙台発着で行われ、女子は東京五輪マラソン代表の前田穂南が自己記録に並ぶ1時間9分8秒で快勝した。松下菜摘が2分22秒差の2位、大東優奈が3位に入り、天満屋勢が表彰台を独占した。

男子は小山直城(ホンダ)が1時間2分7秒で日本人最高の3位に入り、ケニア出身のアレクサンダー・ムティソ(NDソフト)が1時間1分8秒で前回の2019年大会に続いて制した。

車いすの部の男子は鈴木朋樹(トヨタ自動車)が46分2秒で優勝。女子は土田和歌子(ウィルレイズ)が54分36秒で1位だった。新型コロナウイルスの影響で過去2年は中止となっており、3年ぶりの開催だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン