/

女子フェンシング、江村美咲がW杯優勝 日本勢初

フェンシング女子サーブル個人のワールドカップ(W杯)は7日、チュニジアのハマメットで行われ、昨夏の東京五輪代表で23歳の江村美咲(立飛ホールディングス)が優勝した。日本協会によると、同種目で日本勢初のW杯制覇。小林かなえ(三重クラブ)が3位に入った。

江村は準決勝で小林を15-12で下し、決勝ではギリシャ選手に15-13で勝った。江村は「ずっと目標にしていた金メダルに手が届きうれしいが、まだ実感が湧かない。1試合目で反省が多かったので、オフェンシブ(攻撃的)に修正して戦ったのが良かった」と勝因を挙げ、小林は「次こそもっといい色のメダルが取れるよう頑張る」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン