/

北京五輪総監督に原田雅彦氏 長野ジャンプ団体「金」

日本オリンピック委員会(JOC)は7日、東京都内で臨時の評議員会と理事会を開き、来年2月の北京冬季五輪に臨む日本選手団の総監督に、1998年長野五輪スキージャンプ男子団体金メダリストの原田雅彦氏(53)の就任を決めた。選手団のトップとなる団長には日本スケート連盟フィギュア委員長の伊東秀仁氏(60)が選ばれた。

両氏はともに北海道出身。原田氏は6月にJOC理事に選任され、全日本スキー連盟では2015年から理事を務めている。伊東氏は14年ソチ、18年平昌両五輪で日本選手団の総監督を経験。JOCの北京五輪対策プロジェクトの座長を任されている。

JOCは雪上と氷上の競技がそれぞれ力を発揮できる環境を整えるため、スキーとスケートの両団体から総監督と団長を選出したと説明。両氏は関係者に「夏の(東京五輪の)成績をいい意味でのプレッシャーにして頑張りたい」と抱負を示したという。

原田氏が12月のユニバーシアード冬季大会(ルツェルン=スイス)で日本選手団の団長を務めることも決まった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン