/

正力賞にヤクルト高津監督 稲葉代表監督・大谷は特別賞

今年のプロ野球の発展に最も貢献した監督や選手に贈られる「正力松太郎賞」の選考委員会が7日、東京都内で開かれ、ヤクルトを20年ぶり6度目の日本一に導いた高津臣吾監督が初めて受賞した。東京五輪で日本を率いて金メダルを獲得した稲葉篤紀監督と、米大リーグ、エンゼルスでア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた大谷翔平選手は特別賞を贈られた。

選考委員会の座長を務めたソフトバンクの王貞治球団会長は、ヤクルトとオリックスの日本シリーズを「大変中身が濃く、引き込まれた。感銘を受けた」と高く評価し、「勝負の世界なので、勝つのが一番の条件。日本一になった高津監督でまとまった」と選考経過を説明した。

特別賞を2人が受賞するのは初めてで、ともに王会長が提案し賛同を得たという。王会長は稲葉監督に対し「自国開催で勝つのは難しいこと。大変な功績」、大谷には「日本の野球界の人間にとってこんなにうれしいことはなかった。米国で満票でのMVPは素晴らしい」と賛辞を贈った。

選考委員は王会長のほか、野球評論家の杉下茂氏、中西太氏、山本浩二氏とノンフィクション作家の門田隆将氏。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン