/

西武・辻監督「球界に尽力を」 松坂引退、チームも惜しむ

西武の松坂大輔投手が現役引退を決断したことを受け、辻発彦監督は「最後に入団した西武でユニホームを着てマウンドという夢が途絶えたことは残念。葛藤があったと思う。まだまだ若い。野球界のために尽力してもらいたい」とエールを送った。

現役時代を共に過ごした西口文也投手コーチは「彼が1年目のキャンプで『これが本当に高校生の球なのか』と驚いたことを思い出す」と振り返った。豊田清投手コーチは「このタイミングで決断をするのはつらかったのではないか。僕が抑えになった時に、大輔が先発するときは『今日は休めるかな』と思った」と述懐。同期入団の赤田将吾打撃コーチは「僕ら世代の代表でもあるし、みんなの目標でもあった」と寂しそうに話した。

一緒にプレーした経験がある栗山巧外野手は「同じユニホームでプレーできるとは思っていなかったので緊張したことを覚えている」とコメント。中村剛也内野手は「憧れの存在であり、スーパースター。米国に行く前も一緒にプレーさせてもらった。あの時は僕がエラーばかりして迷惑を掛けた」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン