/

王会長、松坂は「記憶に残る投手」 WBC制覇に貢献

(更新)

プロ野球西武が松坂大輔投手の現役引退を発表したことに、ソフトバンクの王貞治球団会長は「甲子園、西武、そして米国でも活躍してね。常にずぬけたピッチングをしていました。第二の人生でも大いに活躍してください」と球団を通じてコメントした。

日本代表監督として指揮を執った2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、松坂が初代優勝に大きく貢献した。決勝のキューバ戦をはじめ3試合に先発して3勝を挙げ「日本のために頑張ってくれた。MVPにもなって、本当に記憶に残るすごいピッチャーでした」と述懐した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン