/

大橋や瀬戸ら、日本代表に 世界水泳と杭州アジア大会

日本水連は7日、今年の国際大会に臨む競泳の日本代表を発表し、世界選手権(6~7月・ブダペスト)と杭州アジア大会(9月)の代表に女子は東京五輪2冠の大橋悠依(イトマン東進)、男子は瀬戸大也(TEAM DAIYA)や本多灯(アリーナつきみ野SC)が名を連ねた。

今月5日までの選考会で基準を満たした選手が選ばれた。世界選手権代表は男女計18人で、32歳の入江陵介(イトマン東進)は7大会連続代表入り。池江璃花子(ルネサンス)は両大会の代表から外れ、世界ユニバーシティー大会(6~7月・成都=中国)のメンバーに入った。

アジア大会の代表は4月28日開幕の日本選手権(横浜国際プール)の結果で追加される可能性がある。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン