/

大谷が日米通算50勝、適時二塁打も放つ 秋山は無安打

【アナハイム=共同】米大リーグは6日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのレッドソックス戦に「2番・投手」で投打同時出場し、7回を5安打2失点、4三振で4勝目(1敗)を挙げて日米通算50勝とした。打者では一回に同点の適時二塁打を放ち、4打数1安打1打点、2三振で1得点だった。試合は5-3だった。

5日までメジャー単独トップだった31本塁打のままで、松井秀喜がヤンキース時代の2004年にマークした日本選手最多記録更新は持ち越しとなった。

レッズの秋山はロイヤルズ戦に「9番・中堅」で先発出場し、3打数無安打、1四球1三振で1得点だった。九回途中の守備で交代した。チームは6-7で敗れ、連勝は5で止まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン