/

青山・柴原組8強逃す、ジョコ準々決勝へ 全米テニス

【ニューヨーク=共同】テニスの全米オープン第8日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子ダブルス3回戦で第3シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組はサマンサ・ストーサー(オーストラリア)張帥(中国)組に5-7、5-7で屈し、8強入りを逃した。日本勢は全種目で敗退した。

女子ダブルス3回戦で敗れた青山(右)、柴原組=共同

男子シングルス4回戦は年間グランドスラム(四大大会全制覇)を目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)や東京五輪金メダリストで第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が勝ち、準々決勝に進出した。

女子シングルス4回戦は予選から勝ち上がった18歳のエマ・ラドゥカヌ(英国)がシェルビー・ロジャーズ(米国)を6-2、6-1で破り、四大大会で初の8強入りを果たした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン