/

清水、男子単で初優勝 テニス全日本選手権

テニスの大正製薬リポビタン全日本選手権最終日は7日、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで行われ、男子シングルス決勝は第1シードの清水悠太(三菱電機)が第3シードの今井慎太郎(イカイ)を6-3、6-4で下して初制覇し、優勝賞金400万円を獲得した。

新型コロナウイルスの感染拡大で昨年行われなかったダブルスは、男子の上杉海斗(江崎グリコ)松井俊英(APF)組、女子の井上雅(テニスラウンジ)大前綾希子(島津製作所)組がそれぞれ初優勝を果たした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン