/

西武、松坂の引退発表 「平成の怪物」日米通算170勝

(更新)
現役を引退する西武・松坂(20年3月、メットライフドーム)=共同

プロ野球西武は7日、「平成の怪物」と呼ばれ、日米通算170勝を挙げた松坂大輔投手(40)が今季限りで現役引退すると発表した。昨年7月に頸椎の手術を受け今季の復活を目指していたが、状態が上がらず決断した。昨季、プロ入りした西武に復帰したが、首の痛みと右手のしびれが強くなり、プロ23年目の今季まで公式戦での登板はなかった。記者会見の日時は未定。

渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「このような決断に至り、本人も大変悔しい思いをしている。大輔は現在、体調面、精神面でも決して万全とは言えない状況。体調面、精神面が回復した段階で会見という形で、本人から気持ちを話すことができると思う」と談話を出した。

松坂は神奈川・横浜高で甲子園大会を春夏連覇して1999年にドラフト1位で西武入団。1年目から16勝で新人王に選ばれ3年連続で最多勝を獲得した。

ポスティングシステムで2007年に米大リーグ、レッドソックスと6年契約。当時は独占交渉権を入札で決める方式で、落札額の約5100万ドルと年俸などを合わせて総額1億ドル(当時のレートで約117億円)を超える巨額契約は話題となった。移籍1年目にワールドシリーズ優勝。15年にソフトバンクで日本球界に復帰し、18年に中日、20年に西武に移籍した。

通算成績は日本で218試合に登板して114勝65敗1セーブ、防御率3.04。大リーグでは158試合で56勝43敗1セーブ、防御率4.45。五輪やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でも日本代表のエースとして活躍した。〔共同〕

全国高校野球選手権大会の決勝でノーヒットノーランを達成、ガッツポーズする横浜高の松坂大輔投手(1998年8月、甲子園)=共同
西武がドラフト1位で指名した松坂大輔投手の入団発表(1998年12月、東京都港区の東京プリンスホテル)
横浜戦で通算100勝を達成した西武・松坂大輔投手(2006年6月、インボイス西武)=共同
WBCで優勝、MVPに選ばれトロフィーを揚げる松坂大輔投手(2006年3月、サンディエゴ)=共同
レッドソックスへの入団会見で、ユニホームと帽子を手に笑顔の松坂大輔投手(2006年12月、ボストン)=共同
米大リーグ初登板で初勝利を挙げたレッドソックスの松坂大輔投手(2007年4月、カンザスシティー)=共同
ワールドシリーズで優勝し、トロフィーを掲げるレッドソックスの松坂大輔投手(2007年10月、デンバー)=共同

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン