/

松山は30位に後退 世界選手権ゴルフ第2日

【メンフィス(米テネシー州)=共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、フェデックス・セントジュード招待は6日、テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で第2ラウンドが行われ、26位で出た松山英樹は4バーディー、3ボギーの69で回り、通算3アンダー、137で首位と10打差の30位に後退した。木下稜介は66と伸ばし、140で52位。

ハリス・イングリッシュ(米国)が通算13アンダー、127でトップを守り、2打差の2位にキャメロン・スミス(オーストラリア)とアブラハム・アンセル(メキシコ)がつけた。66人が出場し、72ホールを予選落ちなしで争う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン