/

レスリング乙黒拓斗「金へ敵は自分」 男子の活躍誓う

レスリング男子フリースタイルの東京五輪代表で、メダル獲得が期待される65キロ級の乙黒拓斗(自衛隊)と57キロ級の高橋侑希(山梨学院大職)が6日、オンラインで取材に応じた。19歳だった2018年世界選手権で日本男子の史上最年少優勝を果たした乙黒拓は「敵は自分自身じゃないか。自分の全力を出せれば勝てる。もちろん出るからには金メダルを目指す」と冷静に語った。

日本でレスリングは五輪と世界選手権を合わせて16大会連続世界一の吉田沙保里や五輪4連覇の伊調馨(ALSOK)ら女子の印象が強いが「女子だけでなく、男子もアピールできたらいい」と活躍を誓った。

伝統の最軽量級で17年に世界王者に輝いた高橋侑は16年リオデジャネイロ五輪代表を逃したが、今年6月の東京五輪代表を決めるプレーオフに勝ち、悲願の舞台にたどり着いた。「2大会分のエネルギーをぶつけたい。五輪に出る小さい頃からの夢がかなった喜びもあるが、覚悟を決めてやっていく」と頂点への強い決意を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン