/

張本智・早田Vで卓球アジア大会へ パリ五輪の初選考会

卓球の2024年パリ五輪シングルス代表を選考する初の対象大会「ライオンカップ・トップ32」最終日は6日、東京都のアリーナ立川立飛で行われ、男子で東京五輪代表の張本智和(木下グループ)、女子で早田ひな(日本生命)が優勝した。2人は9月の杭州アジア大会(中国)代表に決まった。

決勝で張本智は及川瑞基(木下グループ)を4-2で下し、早田は長崎美柚(日本生命)に4-3で逆転勝ち。パリ五輪代表の選考期間は24年の全日本選手権までで国内外の大会成績に応じて設定したポイントの合計で争われ、張本智と早田は50ポイントを獲得した。

女子で東京五輪代表勢は伊藤美誠(スターツ)が5位、右足首負傷で5位決定戦を棄権した石川佳純(全農)が6位、平野美宇(日本生命)が8位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン