/

欧州CL、古橋亨梧アシストも敗れる グループ最下位に

【ライプチヒ(ドイツ)=共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は5日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、F組で古橋亨梧らのセルティック(スコットランド)は敵地でライプチヒ(ドイツ)に1-3で敗れ、1分け2敗の勝ち点1で同組最下位に落ちた。

先発した古橋は0-1の後半2分に同点ゴールをアシストし、後半37分に交代。前田大然は同29分まで、旗手怜央は同37分までプレーした。

同組でレアル・マドリード(スペイン)はシャフタル・ドネツク(ウクライナ)を2-1で下し3連勝。G組のマンチェスター・シティー(イングランド)はコペンハーゲン(デンマーク)に5-0で圧勝し、3戦全勝とした。

スポーツトップ
2022 World Cup Qatar

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

サッカーワールドカップ

2022サッカーワールドカップカタール大会のニュースやコラムをまとめました。日本代表の次戦は11月27日、コスタリカ戦です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン