/

日本、イタリアに敗れ2敗目 世界バレー女子

(更新)

【ロッテルダム(オランダ)=共同】バレーボールの女子世界選手権は5日、オランダのロッテルダムなどで2次リーグが行われ、E組の日本は今年のネーションズリーグ覇者のイタリアに1-3で逆転負けした。1次リーグの成績が持ち越されるため、日本は通算5勝2敗、イタリアは6勝1敗となった。

日本は第1セット、井上(久光)や石川(東レ)が得点を重ねて25-20で先取した。第2セットはイタリアの攻撃に苦しんで20-25で失い、第3セットは14-25、第4セットも15-25で押し切られた。7日にプエルトリコと対戦する。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン