/

西武・中村剛也、通算1955三振 清原の最多記録に並ぶ

西武の中村剛也内野手が5日、京セラドーム大阪で行われたオリックス13回戦で八回に空振り三振して通算1955三振となり、清原が持つプロ野球記録に並んだ。通算1913試合、7497打席目。初三振は2003年9月28日の日本ハム戦だった。

中村は大阪桐蔭高から02年にドラフト2巡目で入団。08年に46本塁打を放って初のタイトルを獲得。通算6度の本塁打王と4度の打点王に輝き、歴代単独14位の通算446本塁打を誇る。「三振はしたくないけど、仕方ないかなと思ってやっている」と話していた。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン