/

パラアルペン村岡ら、世界選手権を欠場 コロナ拡大懸念

北京冬季パラリンピックで2大会連続の金メダル獲得を目指す女子の村岡桃佳(トヨタ自動車)ら日本代表に内定しているアルペンスキーの複数選手が今月中旬に開幕する世界選手権(リレハンメル)を欠場することが5日、関係者の話で分かった。欧州で再拡大している新型コロナウイルス感染への懸念や、帰国後の隔離期間によって調整が難しくなることなどが理由で出場を断念した。

出場回避したのは村岡、男子で6大会連続出場となる森井大輝(トヨタ自動車)ら座位の6選手。国内での合宿で北京パラへ向けた最終調整を行う。欧州に遠征中の立位の選手は当初の予定通り世界選手権に出場する見通し。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン