/

ソフトバンク明石健志がコロナ陽性 チームは活動継続

ソフトバンクは5日、明石健志内野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。同日に球団が実施した自主検査で陽性疑いとなり、PCR検査で判明した。症状はないという。

明石はこの日、福岡市のペイペイドームで行われたオリックス戦の試合前練習には参加していたが、感染拡大防止特例の対象選手として出場選手登録を外れた。球団は、濃厚接触者となる恐れのある選手やスタッフはいなく、予定通りのチーム活動を継続するとした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン