/

高校の硬式野球部員、8年連続減 新入部員は8年ぶり増

日本高野連は5日、本年度の全国の野球部員数と加盟校数(5月末現在)を発表し、硬式の部員数は昨年度より3023人少ない13万1259人で、8年連続の減少となった。加盟校数は33校減で3857校。1年生部員は382人増の4万5246人で、8年ぶりに新入部員が増加した。

埼玉、石川、滋賀、和歌山、山口の5県以外で部員数が減少。神奈川は227人、東京は213人、兵庫は188人少なくなった。部員数最多は東京の9135人、最少は鳥取の722人。1年生が進級して3年生になった時の残留の割合を示した「継続率」は昨年度に続いて過去最高を更新し、92.7%に達した。

軟式の加盟校は昨年度と同じ399、部員数は78人減の7820人だった。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン