/

堂安律、独フライブルクへ 移籍金は11億円

(更新)

【ベルリン=共同】サッカーのドイツ1部リーグ、フライブルクは5日、日本代表の堂安律(24)をオランダ1部リーグのPSVアイントホーフェンから獲得したと発表した。ドイツ専門誌キッカーによると、移籍金は約800万ユーロ(約11億2800万円)。

堂安は2020~21年シーズンにビーレフェルトでプレーして以来、2季ぶりのドイツ1部リーグ参戦となる。フライブルクを通じ「チーム、監督と何度も話し合い、彼らの熱量と僕に対する本気度が伝わった。彼らとともに成長したい」とコメントした。

フライブルクは昨季6位に入り、今季の欧州リーグ出場権を得ている。

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン