/

この記事は会員限定です

自由な表現楽しみ、読者と共創 「ZINE」の醍醐味

今こそイケてる!紙の本(3)

(更新) [有料会員限定]

「プロが作るコンテンツからはこぼれ落ちてしまうものに耳を傾けたい。ZINE(ジン)は『私はここにいる』と伝える場」。ZINE専門のオンラインショップ「Lilmag(リルマグ)」を2007年から営むライター・野中モモの自宅には、本棚2つと段ボール数箱にZINEが詰まっている。

DIY精神の発揮が醍醐味

ZINEとは個人が自主製作する冊子を指す。プリミティブな「紙の本」である同人誌やミニコミと明確な違...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2287文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

今こそイケてる!紙の本

電子書籍が当たり前の時代にあっても、紙の書籍を求める人たちがいる。デジタルと違い、紙の本は単に視覚で情報を得る手段ではない。表紙の手触り、ページをめくる音、インクの匂い。様々な感覚を通して人の心にしみ通り、眠っていた感情や記憶を呼び覚ます。新型コロナの感染拡大で人と人の物理的な距離を取る必要がある時代だからこそ、モノとしての本を介したゆるやかなつながりにも光が当たっている。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン