/

スケート高木菜那が引退表明 「妹いたから戦えた」

(更新)

スピードスケート女子で2018年平昌冬季五輪の団体追い抜きとマススタートの金メダルを獲得し、五輪の同一大会で日本女子初の2冠を達成した高木菜那(29)が5日、引退を表明した。東京都内で記者会見し「今季は自分を信じて攻めたレースができた。心から自分を褒めてあげたいと思えた。諦めずに頑張ってきて良かった」と笑顔で語った。

高木菜はともに出場した2月の北京五輪で金を含むメダル4個を手にしたエース高木美帆(27)=日体大職=の姉。妹と比較されることが多かったが「最後に高木美帆の姉ではなく、高木菜那として氷の上に立てたことが引退を決意した理由」と一定の達成感を得たことを打ち明け「つらかったけれど、妹がいたからここまで世界で戦えた」と感謝を述べた。今後の活動は未定という。

北海道出身の高木菜は155センチと小柄ながら中長距離で活躍し、14年ソチから3大会連続で五輪に出場した。高木美らと団体追い抜きで世界記録を保持。北京五輪では決勝の最後のカーブで自身が転倒して2位となり、2連覇を逃した。

北京五輪で日本選手団の主将を務めた高木美も5日、東京都内で記者会見し、今後について「スケートを滑りたいと思っている自分がいることに気付いた」と現役続行に前向きな姿勢を示した。4年後の五輪については「まだ分からない」とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン