/

西武・源田は4000万円増 外崎はダウン更改

西武の源田壮亮内野手が5日、埼玉県所沢市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4千万円増の年俸1億9千万円でサインした。今季は初の盗塁王に輝いたが、6年目の来季に向けて打力向上を掲げ「打つ方で貢献できていない。たくさん課題はある。打撃を頑張りたい」と意気込んだ。

外崎修汰内野手は2600万円減の年俸1億400万円で更改した。4月に死球で左脚を骨折し、73試合で打率2割2分、5本塁打、19打点に終わった。「一からレギュラーを取り返す意識で取り組む」と話した。

増田達至投手は4年契約の2年目となる来季を現状維持の年俸3億円でサイン。0勝3敗8セーブ、防御率4.99と期待を裏切り「プロ野球人生で一番悪い成績で苦しいシーズンだった」と振り返った。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン