/

ヤクルト中村悠平が残留 「来年もお世話になります」

ヤクルトの中村悠平捕手(31)が5日、神宮球場で行われたファン感謝イベントで、海外フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると表明した。国内FA権の条件を満たす2019年のシーズン前に3年契約を結び今季が最終年だった。ファンに向けて「来年もヤクルトでお世話になります」と話した。契約年数や年俸は今後話し合う。

腰のけがなどで29試合の出場にとどまった昨季から移籍の可能性を考えていたという。一方で「ヤクルトでなければ野村元監督の考えを知ったり、古田さんの教えを受けたりできなかった」と球団への愛着を口にした。

日本シリーズでは捕手として全6試合にフル出場して20年ぶりの日本一に貢献。打撃でも打率3割1分8厘、3打点をマークし、最高殊勲選手(MVP)に選ばれ「あの時に決意が固まった。またみんなで日本一を目指す。常勝チームになる輪の中心にいたい」とさらなる活躍を誓った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン