/

岩渕麗楽が今季初V スノボW杯ビッグエア

スノーボード・ビッグエアのワールドカップ(W杯)で今季最終戦となる第2戦は4日、米コロラド州のスティームボートスプリングズで決勝が行われ、女子は19歳で前回平昌冬季五輪4位の岩渕麗楽(バートン)が合計178.25点で制し、今季初優勝した。この種目では2季ぶりで、スロープスタイルと合わせW杯通算7勝目を挙げた。

開幕戦を制した17歳の村瀬心椛(ムラサキスポーツ)は7位。種目別は岩渕と村瀬心が2位に並んだ。

岩渕は1回目で87.25点を挙げ、3回目には進行方向と逆向きに踏み切って横3回転半する「バックサイド1260」を決めて91.00点をマーク。2位の平昌五輪覇者アンナ・ガサー(オーストリア)に30.25点差をつける圧勝だった。

男子は16歳の荻原大翔(尾瀬スノースポーツク)が7位、大塚健(バートン)が9位だった。蘇翊鳴(中国)が初優勝。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン