/

瀬戸大也、200個人メドレー制す 競泳の代表選考会

競泳の国際大会日本代表選考会第3日は4日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは東京五輪代表の瀬戸大也(TEAM DAIYA)が派遣標準記録を切る1分57秒09で制し、世界選手権(6~7月・ブダペスト)と杭州アジア大会(9月)の代表に決まった。

男子200メートルバタフライは東京五輪銀メダルで世界選手権代表となった本多灯(アリーナつきみ野SC)が1分54秒04で勝った。寺田拓未(ミキハウス)が2位で代表入りした。

女子は100メートル自由形を池江璃花子(ルネサンス)が54秒02で制した。派遣標準に0秒06届かなかったが、400メートルメドレーリレーの選考基準はクリアした。200メートル個人メドレーは大本里佳(ANA)が2分11秒66で勝ち、2位だった東京五輪金メダルの大橋悠依(イトマン東進)とともに代表入り。

200メートルバタフライは1位の林希菜(イトマンSS)と2位の水口知保(セントラルスポーツ目黒)がそろって初めて代表入りした。800メートル自由形は難波実夢(JSS)が8分29秒07で勝ち、代表となった。200メートル、400メートルと合わせて自由形3冠。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン