/

この記事は会員限定です

焦るウォルマート、企業城下町は「シリコンバレー化」

Amazon Effect 2.0(2)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米南部アーカンソー州ベントンビル。こぢんまりした空港から車で20分ほどのところにある建設現場を訪ねた。ダウンタウンで完成しつつあるビルは1500人ほどを収容できる。スタートアップ企業の社員などが働く共同オフィスとして、今夏に利用を始める。

ベントンビルといえばウォルマート

「ここが現在のベントンビルを一番よく象徴する場所ね」。案内してくれたNPO幹部、ジャネット・バレザ・コリンズさんは話した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください
AmazonEffect2.0

売上高が年間50兆円を上回ってもなお、20%以上の成長を続ける米アマゾン・ドット・コム。異形ともいえる事業領域の拡大により「アマゾン・エフェクト」は競合する小売業から、米国社会の様々な場面へと広がりをみせている。アマゾンは何を壊し、何を生み出しているのか。光と影が交錯する「エフェクト2.0」の現場に記者が迫る。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン