/

スケボー四十住・開ら、東京五輪フェアプレー賞に

【ジュネーブ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は4日、東京五輪のフェアプレー賞に、スケートボード女子パークで金メダルの四十住さくら(ベンヌ)、銀メダルの開心那(WHYDAH GROUP)ら7選手が選出されたと発表した。4位に終わった優勝候補の岡本碧優(MKグループ)に駆け寄って抱き締め、米国やオーストラリアの選手が岡本を担ぎ上げて健闘をたたえたシーンが評価された。

同賞はIOC公認団体の国際フェアプレー委員会が2008年北京五輪から選定。東京大会ではIOC委員の太田雄貴氏、テルホ選手委員長ら5人が選考委員を務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン