/

世界ソフト連盟、上野由岐子を表彰 長年の功績たたえる

日本ソフトボール協会は4日、台湾で開催された世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の総会で、女子の上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が「ゴールデン・ダイヤモンド賞」を受賞したと発表した。同賞は今回新設され、WBSCの発展に寄与した者に贈られる。

WBSCは、3大会ぶりに実施された昨夏の東京五輪で金メダルを獲得するなど、上野の長年の功績をたたえ、ソフトボール界の模範となったことを高く評価した。

上野は福岡・九州女高(現福岡大若葉高)出身で長年、日本のエースとして君臨。2008年北京五輪では、準決勝からの2日間で3試合に登板して金メダルに導いた。04年アテネ五輪でも銅メダルを獲得した。〔共同〕

スポーツトップ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン