/

プロ野球、日本シリーズは延長戦実施 感染状況が改善

日本野球機構(NPB)は4日、今季の日本シリーズは通常通り延長戦を行った上で、30日までにシリーズの決着がつかない場合はタイブレークを実施し、日本一を決めると発表した。

従来の規定通り、第7戦までは十二回まで、第8戦以降は無制限で延長戦を行う。今季は新型コロナウイルス禍による時短要請への対応として、レギュラーシーズンとクライマックスシリーズ(CS)では九回打ち切りで引き分けとする規定を採用したが、感染状況が改善し全国的に時短要請が解除されたことを受け延長戦の実施を決めた。

日本シリーズは20日にパ・リーグ球団のホームゲームで開幕し、28日が第7戦となる予定。引き分けや雨天中止などで日程が延びた場合、29、30日は試合を行うが12月には持ち越さず、どちらかが4勝に到達していなくても30日時点の勝敗で日本一を決める。

勝敗が並んでいる場合は30日の試合で無制限の延長戦を行うが、1勝差の場合は十二回で打ち切って引き分けとし、勝ち越しているチームを日本一とする。リードされていたチームが勝ってタイとなった場合はタイブレークを実施。それまでの試合とは切り離して新たにメンバーを組み直し、無死一、二塁から攻撃する特別ルールで回数無制限で決着をつける。

全試合を午後6時開始のナイターで開催。コロナ禍の影響で日程を当初の予定から1週間遅らせたことにより、一部の試合では当該球団の本拠地球場が使用できなくなった。ヤクルトは第3~5戦を東京ドーム、オリックスは第6、7戦をほっともっとフィールド神戸で行う。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン