/

田子ノ浦部屋で4人コロナ感染 高安ら初場所全休へ

(更新)

日本相撲協会は4日、田子ノ浦親方(45)=元幕内隆の鶴、本名積山伸一、鹿児島県出身=と、田子ノ浦部屋所属の幕下以下2力士、一等床山の床鳴(46)=本名相馬大岳、青森県出身=の計4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

東前頭7枚目の高安(31)=本名高安晃、茨城県出身=を含む全力士14人ら同部屋所属の協会員計18人は陽性者および濃厚接触の可能性があるとして、大相撲初場所(9日初日・両国国技館)の全休が決まった。今後は保健所の指示に基づき、濃厚接触者の調査や療養などの対応を行う。場所前に感染者が出て全休措置が取られるのは昨年秋場所の宮城野部屋以来で、横綱白鵬(現間垣親方)らが休場した。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、田子ノ浦部屋のマネジャーが4日朝に体調不良を訴え、抗原検査で陽性が判明。すぐに部屋全員が検査を受けたという。新変異株のオミクロン株かどうかは不明といい「まだ陽性者が出る可能性もある」と警戒感を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン