/

西武・栗山が通算2000安打 20年目で達成、54人目

西武の栗山巧外野手(38)が4日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天17回戦の九回に牧田和久投手から左前打を放ち、プロ野球史上54人目で西武の生え抜きでは初めて通算2千安打を達成した。西武に在籍する選手が到達するのは1983年9月18日の山崎裕之以来。

プロ3年目の2004年9月24日の近鉄戦の七回に小池秀郎投手から大阪ドーム(現京セラドーム大阪)でプロ初安打をマーク。20年目の今季は残り74本からスタートして、開幕から83試合目の出場で達成した。

02年に兵庫・育英高からドラフト4位で入団し、08年に最多安打のタイトルを獲得。10年3月20日から12年8月19日まで390試合連続全イニング出場を記録した。08年の日本一、18、19年のリーグ優勝に貢献した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン