/

この記事は会員限定です

無事だった奇跡のもろみ 陸前高田に再び醸造の香りを

発酵再発見(2)

(更新) [有料会員限定]

日本は世界でも珍しいほど多様な発酵文化が育まれてきた。岩手県陸前高田市もその一つ。江戸時代から味噌やしょうゆ、日本酒の産地として知られた。甚大な被害を受けた東日本大震災から10年。しょうゆメーカー経営者らが悲願の再建を遂げ、街の再生に挑んでいる。

被災地に「発酵の里」

「奇跡の一本松」や「津波伝承館」からほど近い陸前高田市の今泉地区。津波対策の土地のかさ上げはようやく終わったが、今も空き地が目立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

発酵再発見

古くから食文化を支えてきた「発酵」。新型コロナウイルス禍で「第3次」といえるブームが訪れている。人気はひと時で終わる気配はない。各地の発酵文化が地域をもり立て、海外やSDGs(持続可能な開発目標)を見据えるスタートアップも出てきた。ミクロな発酵菌は、先が見えない時代に人々を癒やす力を発揮し始めている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン