/

筒香は開幕直後に腰違和感 「6日以降、野球の動きも」

【ピッツバーグ=共同】米大リーグ、パイレーツの筒香嘉智内野手が3日、4月の開幕直後の数試合で腰に違和感を持ち、治療薬を飲みながらプレーしていたと明らかにした。本拠地ピッツバーグで、5月26日に負傷者リスト(IL)入りが発表されてから初めて取材に応じた。今は回復しつつあり「順調なら来週(6日以降)から少しずつ野球の動きを始める」と話した。

5月下旬に「腰の筋肉と関節の両方同時に(痛みが)来たので、バットが振れなくなった」という。限界に達し、無念の戦線離脱となった。チェリントン・ゼネラルマネジャー(GM)は打率1割7分7厘、2本塁打、15打点と苦しんでいた筒香について「彼は完調じゃなくても悪球には手を出さず、好球必打してきた。体に強さが戻れば、結果も出るはず」と復帰後に期待を込めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン