/

男子単、ナダルとルードが決勝進出 全仏テニス

【パリ=共同】テニスの全仏オープン第13日は3日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝で第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)と第8シードのカスパー・ルード(ノルウェー)が5日の決勝に進んだ。3日に36歳となったナダルは14度目の優勝を目指し、23歳のルードは四大大会初の決勝進出。

ナダルは対戦した東京五輪金メダルで第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が7-6、6-6となったところで右足首の負傷のため棄権した。ルードは第20シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を3-6、6-4、6-2、6-2で下した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン