/

元白鵬、ギネス世界記録に認定 優勝回数など5項目

日本相撲協会は3日、元横綱白鵬の間垣親方(36)が優勝45回など五つの史上最多記録項目でギネス世界記録に認定されたと発表した。9月の大相撲秋場所後に現役引退した同親方は協会を通じ「最後の最後に、うれしいご褒美をいただきました」と喜びのコメントを出した。

今回認定されたのは優勝回数の他、通算1187勝、幕内1093勝、幕内全勝優勝16回、横綱在位84場所。公式認定証は来年1月9日から始まる初場所(両国国技館)の開催期間中に国技館内の相撲博物館で展示される予定という。2015年に「昭和の大横綱」大鵬を抜いて単独史上最多の優勝33回を達成した際、ギネス世界記録の認定を初めて受けた。

現在は宮城野部屋付きで後進の指導に当たる間垣親方は「今後も親方として精いっぱい頑張ります。ギネス世界記録をもらえるような弟子を育てていきたいと思います」と決意を新たにした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン