/

田中将大が楽天残留 来季は大リーグ復帰せず

プロ野球楽天は3日、田中将大投手(33)のチーム残留を発表した。米大リーグから8年ぶりに復帰した今季に2年契約を結んだが、シーズン終了後に契約を見直すことができる条項が付帯されており、球団との話し合いで来季も国内でプレーすることが決まった。

田中将は来季大リーグに戻るのかどうかも注目されていた。4日に仙台市の楽天生命パーク宮城で行われるファン感謝イベントに参加する。球団を通じ「(イベントで)直接ご報告させていただきます。皆様にお会いできるのを楽しみにしています」とコメントした。

今季は右脚痛で開幕から3週間出遅れ、23試合の登板で4勝9敗、防御率3.01の成績だった。打線の援護に恵まれず10試合連続白星なしでレギュラーシーズンを終えた。パ・リーグ3位で臨んだクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは登板機会が訪れずチームが敗退した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン