/

バスケ女子代表、シャンソンに競り勝つ アジア杯へ練習試合

バスケットボール女子日本代表が3日、アジア・カップ(27日開幕・ヨルダン)に向けた強化の一環で群馬県の高崎アリーナで行われたWリーグのプレシーズン大会に参戦し、シャンソン化粧品に75-70で勝った。4本の3点シュートなどで13得点のオコエ(富士通)は「五輪へ向けての合宿の時から積極的に打つことをやり続けてきた」と笑みを浮かべた。

東京五輪で初の決勝進出を果たし、銀メダルに輝いたメンバーからはオコエや林(ENEOS)ら5人が名を連ね、アジア杯の代表選考を兼ねて試合に臨んだ。3人制の五輪代表だった山本(トヨタ自動車)が序盤から攻撃をけん引し、54-56で迎えた最終クオーターにオコエらの活躍で逆転した。右膝負傷からの復活を期すエース渡嘉敷(ENEOS)はチームに同行しなかった。

アジア杯では5連覇が懸かる。若手主体の顔ぶれで、主力として期待されるオコエは「先輩たちがつくってきた歴史。絶対連覇したい」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン