/

橋本大輝「この2年がパリに」 4月の全日本体操が初戦

東京五輪で体操男子個人総合と種目別鉄棒の2冠に輝いた橋本大輝(順大)が3日、オンラインで取材に応じ、2024年パリ五輪を見据え「これからの2年をどれだけ使えるかがパリにつながる。焦らず、体と相談しながら練習していきたい」と意気込んだ。4月の個人総合の全日本選手権(東京体育館)が今年初戦となる。

橋本は東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で行われている日本協会の強化合宿に参加中。鉄棒では新たな離れ技を組み込み、弱点のつり輪でも力技を増やしてDスコア(演技価値点)を高めてきた。既に10~11月の世界選手権(英リバプール)代表に選ばれており「この1年の演技構成がパリの6~8割になると思っている。どこが評価されているのか見て、考えながらやっていきたい」と話した。

東京五輪の団体総合銀メダルメンバーで主将を務めた萱和磨(セントラルスポーツ)は各種目で大幅に演技構成を変更したといい「順調に仕上がってきている」と手応えをにじませた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン