/

バド五輪代表の朴コーチ「悔しい気持ち」 大会を総括

バドミントン日本代表の朴柱奉ヘッドコーチが3日、東京都内で記者会見し、全5種目での表彰台が期待されながら銅メダル1つにとどまった大会を総括し「悔しい気持ちでいっぱい。チームとしては1年の延期が大きい。大会がいろいろとキャンセルになった」と新型コロナウイルス禍による実戦不足を理由の一つに挙げた。

男子シングルスで金メダル候補だった桃田賢斗(NTT東日本)が格下の韓国選手に敗れて1次リーグで敗退したことについても言及。攻撃力のある相手だっただけに「同じグループで危ないというイメージはあった。守備ができなかった」と振り返った。

五輪前最後の大会だった3月の全英オープンは4種目で優勝したが、中国や韓国の強豪勢は不参加。「いい成績が過信、安心となったかも。直前のプッシュが足りなかった」と反省。昨年末に2025年3月まで契約を延長しており「本当に反省会をして、パリ五輪に向けてもう一回挑戦します」と話した。会見場を出る際には「すみませんでした」と頭を下げた。

会見には混合ダブルス銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)も出席した。〔共同〕

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン