/

ソフト上野「切り替えて戦う」 日本リーグ、後半戦へ

東京五輪のために中断していたソフトボールの日本リーグ女子は4日に神奈川県大和市の大和スタジアムで後半戦がスタートする。日本代表で金メダルを獲得した選手らが3日、オンラインで記者会見し、上野由岐子(ビックカメラ高崎)は「五輪から切り替えて、リーグ戦に向けて戦っていく」と意気込んだ。

五輪金メダルから4日後に再始動し、3連覇を目指すリーグ戦に向けて調整してきた。新型コロナウイルス禍で、後半戦初戦は無観客開催となるが「(テレビやインターネットの)画面を通して、少しでもソフトボールの楽しさを伝えたい」と普及に意欲をにじませた。救援で活躍した後藤希友(トヨタ自動車)は「五輪の時のように強い気持ちで戦う」と語った。

全12チームが2日間にわたって登場する予定だったが、新型コロナウイルス感染者が出たために2試合が延期となった。トヨタ自動車は4日に豊田自動織機と、ビックカメラ高崎は5日にホンダと対戦する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン